定年後に再雇用されると、現役時代よりガマンを強いられる

雇われ

サラリーマンに間違いなくやってくる定年という区切りの日
 
収入が完全に止まってしまうその時、
今後の身の振り方を
嫌でも選択しなければならないその時、
 
私の経験をもとに
お話していきます。
 

再雇用は一見、楽に見えるけど

・・・実は、
 
定年後にそれまでと同じ会社で再雇用されると、
現役時代に加えて、更にガマンを強いられます。 
 
 
あなたがそんな風に思ってなかったとしたら、ショックでしょうね。
 

経験するまでわからないと思いますが・・・
 
 
あなたが今現役なら、
定年後の身の振り方はどう考えておられますか ?
 
 
2013年4月より施行された 『改正高年齢者雇用安定法』 で、
希望者は60歳から65歳まで5年間は働ける環境にはなったようです。
 
でもこれって
年金支給を遅らせることを目立たなくさせるのが目的のようにも感じられます。
 
この法律は
65歳までの継続雇用を企業に義務付けるものです。
 
これには選択肢があり、
①定年年齢を引き上げる
②継続雇用制度を導入する
③定年制の廃止
 
となっていますが、実際にはほとんどの企業が ①定年年齢を引き上げることも ③定年制の廃止もしていません。
 
残る ②継続雇用制度を導入するという形が多いようです。
 
 
その場合、いったん退職の形を経て、
嘱託社員かパートタイマーとして雇用されます。
 
企業は正社員として雇用する必要はありません。
雇用することを要求されているだけだからです。
 
 
いったん退職し、正社員でもなくなるわけですから、
今までの給料を払う必要はありません。
 
つまり、給料が減ることになります。
 
 
正社員として雇ってもらう場合でも、
新たな雇用ですから今までの条件はないのと同じです。
新入社員と同じ感覚です。
 
大抵の会社では、給料はおおよそ半分に減ります。
 
私が勤めていた会社にも継続して勤めた先輩がいましたが
「給料、半分になっちゃったよ」と、嘆いていました。
 
 
半分ですよ !
生活できるわけないですよね。
 

 
自然に副業しなきゃやってけないけど
何が良いだろう との思いが湧いてくるのです。
 
 

年収は半減 半ば厄介者扱い

厚生労働省が発表した、アンケートを基にした年収のグラフを載せます。

 
国は年齢と共に、
生活に必要なお金は少なくなるとでも思っているのでしょうか?
 
年金が支給され始める65歳までの5年を耐えればいいとの考えもできますが、
収入が半減するのはとんでもなく困る事態です。
 
(それに、貰える年金額は、普通なら半減した給料よりさらに低い金額です)
 
 
さらには職場での立場が大きく変わります。
 
もう、あなたは誰の上司でもなくなりますよね。
 
今までは、とりあえず言うことを聞いていた部下も、
今日からその義務が無くなると思うでしょう。
 
 
つい、昨日までの感覚のまま
何かを頼んでも、
返事はしてくれても、今までのようには動いてくれません。
 
給料が半分になって、誰も敬意を払ってくれず、発言権も大幅に減ります。
 

 
一度でも無視をされたら、どれほどのショックを引きずるでしょう。
 
 
『定年』という日を境に、
今まで積み重ねてきたことや今までの人生を
全否定されるようなことが
現実に起きているのです。
 
今までオフィスの壁を背に座っていた人が、
とても落ち着けない場所にデスクを与えられます。
 
60歳から新しい仕事はさせないでしょうから、
たいがい同じオフィスに『役職無し』で
昨日までとは違う位置に再配属されます。
 
そうなると、
その会社での『生きざま』がそのまま自分に返ってくることとなるでしょう。
 
 
 
『外線、出てくださいね』 って言われたら
電話をとらなければなりません(泣き)
 
 

今までの頑張りが、音を立てて崩れていく

私は絶対にイヤです。
 
 
『再雇用』で継続するなんて
聴こえはいいけど 惨めすぎます。
 
そして、人は気が付かないうちに、
自分で思っている以上に、他人を傷つけているものです。
 
受け手は敏感ですからね。
 
上司として理不尽な言動をしていたら
陰湿な仕返しが待っているかもしれません。
もう、上司ではないのですから。
 
 
かつて、定年して嘱託で残っている人に対して私の同僚が言った言葉が忘れられません。
 
「あの人要る? って気持ちになるよね」
 

ヒソヒソ話にはトゲがあり過ぎ
 
この言葉は、ものすごく恐ろしい言葉です。
そして実際、その人がいなくなっても影響が出ない程度の仕事しか与えられなくなっていくんですよね。
 
そのくせ、ひとたび問題が起これば、
「〇〇さんがいて、何やってるんだ」と
不満の標的にされてしまいます。
 
これらは、私がいた会社で普通に起きていたことなんです。
 
 
59歳が60歳になったからと言って、
能力や判断力に変化があるわけではないのに、
そんな扱いに変わってしまうのです。
 
今まで、精一杯の誇りで生きてきたものが、いっぺんに崩れていくようです。
 

それでも再雇用されたいですか?

 
気持ちを表すと、こんな感じですか

 
たとえ給料が半分になっても
今まで以上にガマン・ストレスを抱えながら生きていきますか?
 
それ程に我慢をしてでも会社に残った方が良いのかどうかは、
それぞれの事情が違うでしょうし、
『会社に残るなんてやめましょう』 とは、軽々に言える事ではありません。
 
ただ思う事は、
一旦ガマンする道を選択したら、
おそらくずっとガマンの毎日が続くと覚悟した方が良いでしょう。
 
なぜなら、強く出られない年齢だからです。
「えーいっ、辞めてやる !」 と言ったところで
次が無い状況のはずです。
 
 
この現実はかなりの確率で
サラリーマンを襲います。
 
あなたなら、どうしますか ?
私は屈辱はもう、いやです。
 
 
ちなみに
私はそれまでの会社をきっぱりと辞めて
転職の道を歩きました。
 
同業だと、何かと気まずい出会いもありそうだし
言われなくてもいい噂の的にもなるでしょう。
 
全く別の業界で、60歳の経験がかえって武器になりそうな業界
そして、年齢柄『終活』出来る業界
 
ということで、
介護の業界で1から出直すことにしました。
 
もちろん収入は大幅ダウンに変わりはないので
同時に副業も考えました。
 
 
 

—- P.S —-
 
やったことの無い仕事には不安が付き物です。
そもそも億劫です。
本業ならまだしも
副業だとなおさらです。
 
インターネット使っての仕事と言葉では知っていても
いざ何から始めればいいのかわからないものです。
 
また、多く人が参入しては稼ぐことが出来ずにいます。
 
以前私は稼ぐための教材を売っていましたが、
その教材で稼げない人もたくさん出ていました。
ちゃんとやれれば収入になるのですが、
みんながみんな  となると
ハードルの高い人も出てきたりして・・・
 
まずは、お小遣い程度の金額から
徐々に一人で稼ぐことに慣れて行った方がいいのでは・・・
 
 
それで、まずは 3万円~5万円くらいを目指して
始めた次月には確実に誰でも収入を実感できる仕事
 
学ぶ人のことを考えたら
以前に紹介していた教材より優先して
この仕事を紹介することにしています。
 
 
今は、この教材で
金額の多い少ないはあるにせよ、
ほとんど皆さんが収入を手にできています。


 
上記バナーは、
副業の詳しい内容を紹介するメールマガジンを解説するページへのリンクです。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました