年金が足らない! 定年後の働き方は在宅とのダブルワーク

雑誌でお小遣い

年金の支給が近づいてくると
地域の年金事務所に説明を聞きに来るようにとのお知らせが届きます。

 

定期的に届くお知らせでもわかりますが
説明を聞きに行くと、本当に年金額が少ないことがわかります。

 

たくさん貰えるとは思っていないでしょうが
「これじゃあ、生活はムリ」 という金額です。

 

厚生年金に加入している会社勤めの人は
まだいいのですが
個人経営だったり、勤め先が厚生年金に加入してなかったりすると
国民年金の人は悲惨です。

 

「どうせ年金なんて支払われなくなるよ」 なんて噂を信じて
高い国民年金を収めていない人もたくさんいると思います。

 

 

いずれにしても
年金の振込額だけでは日本での生活はムリです。

 

不満を言ったところでどうなるものでもありませんが、
国は集まったお金の使いみちに、改善の余地があったんじゃないかな
そんな気がしています。

 

足らないと言ってるだけでは何もいいことは起きませんから
年金が始まるくらいの年齢の人を対象に
どうやったら足らない分の穴埋めが出来るのかを
考えてみたいと思います。

 

 

年金が足らない でも生活しないといけない

年金が足りても足らなくても生活はしなければなりません。

 

家賃の支払いがある人もいるでしょう

持ち家でも、まだ数年の間ローンの支払が残っている人もいるでしょう

持病があって、定期的に医療費が掛かる人もいると思います。

結婚が遅ければ、子供の教育にまだまだお金か掛かる人もいます。

以前に借りたお金やクレジットの返済が残っている人は大勢いるでしょう。

 

そんなこんなで、ただ生きて生活するだけ以外にもお金はかかります。

 

そんな生活が待っているなんて、誰も思ってなかったでしょうし

あなたがその家庭の稼ぎ頭であれば、何らかの手を打たなければなりません。

 

待ったなしで生活ができなくなってしまいますから。

 

ただ、昔と違うのは、歳を取ってきたということです。

体力も気力も記憶力もチャレンジ精神も、みんな落ちています。

 

認めたくありませんが、間違いなく落ちています。

 

 

そうです、すぐにくたびれてしまうのです。

ですので、年令に応じた働き方をして

生活を続けていかないといけません。

 

体を壊したらもっと働けなくなるし、医療費がのしかかってくるのです。

 

定年後の無理のない働き方とは

定年後は御存知の通り、正社員でも給料は半額になるのが相場です。

 

よほどのキャリアをお持ちでない限り

私のような普通のサラリーマンは、半分の給料で都合よく働かされます。

 

しかも、残業があったり休日出勤だってあるかも知れません。

 

年金がもらえるとは言え、

半分の給料で現役時代のように自分や家族との時間を犠牲にするような

働き方はしたくありません。

 

そこで定年後は、

勤めるのは責任の少ないアルバイトレベルで

週に数日でもいいと思うのです。

 

週に3~4日であっても、アルバイトしたら 月に10万円くらいにはなりますよね。

年金と合わせるといくらになりますか?

 

人によって違うと思いますが

あと5万円くらいあれば、何とかなりませんか?

 

何が言いたいかと言うと、

自分で、できれば在宅で稼ぐことを前提にして

時間を確保しましょうと言いたいのです。

 

ガチガチに自分の時間を取り上げられて

月に手取りで20万も行かないような仕事で

縛られてくたくたになるより

 

勤めは半分の日数で

空いた時間を自分で稼ぐことに当てましょう。

 

それだけの時間があれば

その人のセンスに関係なく、3~5万円は確実に手にできます。

 

あとは、スキルを磨いて収入UPを目指せばいいわけで

そのための時間も確保できていますよね。

 

 

要は、

伸びしろのある仕事のために、余力を残しておくのです。

 

在宅で稼ぐ方法も学んでおこう

在宅の仕事には、大きく2種類あります。

 

一つは、どこかの企業から自宅で出来る仕事を請け負うというものです。

人件費を減らすために、社員でなくてもいいような仕事は

アウトソーシングしようとする会社はたくさんあります。

 

そこから仕事をもらうのですが、

仕事を請け負う以上、必ず納期があります。

 

自分ができることで仕事になるのですが、

デメリットもあります。

自宅にいると言うだけで、

納期に縛られるということでは現役時代と変わりがありません。

 

そして元請けがいるということは、

人間関係で気を遣うということです。

 

 

もう一つは、自分でやる仕事です。

起業とまでは行かないまでも

他人のフンドシを借りながら、けっこう収入になるものです。

 

他人のフンドシというのは、

例えば、メールを自動で配信するシステムを利用するとか

販売を大手会社に任せて商売するとか

 

一から十までを自分一人ではやらないのだけれど

『誰からも雇われてはいない』という在宅の仕事です。

 

私がおすすめする在宅の仕事は

お客さん集めと販売、発送や返品処理、クレーム処理も

すべてを Amazonにやってもらえる仕事です。

 

毎週、振り込みがあります。

 

詳しいことは、こちらのページで解説しています。

 

 

まとめ

びっくりするほど生活できない年金の支給額。

 

多くの日本人が

必死に働いてきた日本人が

がっかりしています。

 

でも生活はしなければならないので

何らかの仕事をすることになります。

 

定年してからの仕事は

体力や気力などの衰えとうまく付き合えることが望まれます。

 

しかも、自分の時間を確保できる仕事が良いです。

 

どこかの正社員になって、

現役時代の半額の給料で、相変わらず社畜のように働いてはいけません。

 

そして、気楽にできるアルバイトのような仕事の傍ら

自分で在宅で出来る仕事を始めて

疲れない仕事のダブルワークをお勧めしています。

 

ダブルワークと年金を合わせて生活していきましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました