プロフィール

目安時間 10分

こんにちは、淳さんです。

 

私は長崎県の離れ小島で生まれました。
当時は佐世保から船で1時間くらいでしょうか ?

 

   私が生まれた頃の島の港です

 

戦争もなく、それほど食べる事にも困らない
そんな時代と場所に生まれる事が出来て
まずは感謝ですね。

 

物が足りない時代。

次々に新しい電化製品や素材、

移動手段が生まれました。

 

テレビが出てきて、

カラーになって

ビデオで録画ができるようになって

レコードプレイヤーから針がなくなり

ご飯を炊いたら勝手に保温してくれるようになりました。

 

ボタンを押したら チン で温まります。

部屋の中を暑くも寒くも自由にできるようになりました。

 

一部のお金持ちしか持てなかった自家用車

普通の庶民が、買えますよね。

 

ワクワクしながら科学と技術の発達を

この目で見てきました。

 

どんどん欲しいものが現れて、

頑張って仕事をすれば買うことができた時代です。

 

そこには『張り合い』や『頑張りがい』というものがありました。

ワクワク感一杯の時代に生きてこれたことにも感謝です。

 

 

先日55年ぶりに生まれ故郷に里帰りしました。

ワクワクする時代に生を受けた場所です。

今では高速船で20分もあれば行けますし、
九州本土と橋で結ばれましたので車でも行けます。

 

相変わらず、どっちへ歩いて行っても海があります。

 

今の島の様子です

 

どこかで必ず誰かが釣りをしていました。
父親は仕事の帰りに釣りをして
その魚がその日のおかずになる事もよくありました。

 

島で一番の文明は バス でした。

 

もちろんこの写真は当時の物ではありませんが

憧れの職業は、バスの運転手 さんでした。

 

バスの運転手になりたい !

遠洋航海の通信士にもなりたい !

 

・・・で、現実はと言いますと、

学生時代のアルバイトが縁で入った飲食業界を皮切りに
通販業界 印刷業界 航空部品業界 建築業界 お墓の業界 太陽光発電業界 介護業界

倒産やリストラ、自己都合もありましたが
転職の度に全く違う業界で働いてみたくなる性格なので、
様々な世界の人たちや常識に出会いました。

 

様々な業界で仕事をしてみて分ったこと、
それは、どこへ行ってもサラリーマンは楽しくないという事。

理不尽なことも言われます。
心を病んでいつの間にか消えていく同僚を何人も見ました。

いつ切られるかわからない状況では
どこまで真剣に自分を投入して良いかわからなくなります。

若かったころは、とにかく全力投球でした。

 

でも年齢を重ねるにつれて
心のどこかに冷めた自分がいるんですね。
一生懸命やらないと何事も面白みなんて感じません。

 

だからかどうかわかりませんが、
無理に趣味を持とうとします。
30歳の手習いでパラグライダーを始めました。

 

40歳の手習いで家庭を持ちました。 趣味とは言わないか (笑)
50歳の手習いで、サックスを吹き始めました。

 

 

趣味はとても大事ですし、確かに心にゆとりも出来ます。

 

それでも
なんとなく仕事して給料を貰っている
そんなつまらない日々が続いていくうちに
いつしか定年が近づいてきます。

 

貯金なんて大してありません。
年金で生活できないことは世間が教えてくれています。

定年時に、その職場に残る事も出来ましたが、
"再雇用"という名のもとに、給料は半減です。
同じ仕事で更なる責任を負わされたとしても
給料は半分なんです。

 

ツテのある人は転職します。
でもたいがい、行き詰ってます。
まわりからの期待値が大きすぎるようです。

歳をとってからの全く新しい職場は
仕事に慣れることはもちろん、
人間関係だって大変です。

 

覚えるより忘れる方が多いんですから。
人の名前だって覚えるの大変ですよ。
身体もそうそう無理は利きません。

 

私の癖でもありますが未経験の分野で働きたくなって、
介護の世界に飛び込みました。
人の嫌がりがちな仕事をすることで、
『今までの罪滅ぼしにもなるか』 という気持ちもありました。
まぁ、これも終活です。

 

知恵とセンスのある人は起業します。

起業した先輩や同僚に聞いてみると
起業そのものは簡単なのだそうです。
大変なのはお客さん集め。

 

私は人生のほとんどが営業畑でしたので、
その知人も営業出身です。
そのエキスパートたちが
一様に、お客が集まらないと嘆くんです。

 

その人たちホントは、営業のセンス無かったんですね。

 

実は私も勘違いしていたのですが、
営業の実績って、
会社の看板や 動ける部隊の体勢 その業界での個人の信用
組織の柔軟なフォロー 保有している設備 等々
そんなもろもろの要素が合わさって、
初めてお客様が動いてくれると言いますか、
個人の力なんて、その企業から抜けたら
微々たるものなんですよね。

 

何百万も初期投資をした人
中には何千万単位の人もいます。
起業は魅力ですが、危険もいっぱいあるわけです。

どうするんでしょう

起業するときにはお金を掛けない方が良さそうです。

 

サラリーマンです。

今まで、時間で働けばお金になっていた人たちです。
時間ではなくサービス内容でお金を稼ぐという
思考回路に変わる事はとても大変なことなんですね。

 

じゃあ起業なんかしない方が良いのかというと、
どこかに勤めていれば、やがて本当に退職する時が来ます。
年金以外の収入が絶たれる時が来るんです。

 

その時が来て、年金だけで食べて行けなければ、
自分で稼ぐしかありません。

 

シルバー専門の派遣会社に登録しますか ?

まだ、雇われ人生を続けたいですか ?

規模はともかく、嫌でも起業を考えますよね。

 

そんな事が定年前から見え隠れしていた私は、
初期投資を抑えて自分で少しでも稼いでいこうと、
ネットを使ったビジネスに挑戦しました。

 

 

大きく稼ぐことやそれを継続することは、実に大変でした。

お金を出してマニュアルを購入したりして
それなりに頑張りましたよ。

 

笑ってください、懲りもせずせず、3度も挑戦したんですよ。

 

だめだこりゃ !

 

そう思いながらも人間の寿命が延びる今日この頃、生きていかなくてはなりません。

終活のつもりで始めた介護の仕事はきついです。

噂には聞いていましたが、やっぱり体力使いますよ。

認知症の方を相手にしてる毎日ですから、

ストレスだって溜まります。

 

体力を使わずに

出来るだけ自宅に居て通勤から解放されて

他人から管理される事なく

のんびりと稼ぐことは出来ないのか ?

探して 探して 探して

 

そんな私も過去のとは違う形のインターネットを利用した仕事で

お金を得られるようになってきました。

シンプルに原始的に、モノを売るんです。

何を売るかで、忙しさや資金や労働時間に大きく差が出ます。

 

 

お小遣いが増えると

プチ贅沢が出来ます。

それはそれで、とても楽しいものですよ。

 

そんな情報もこのブログで伝えていきますね。

 

現役を引退してまで必死に働きたくない

でも、一定の収入は得たい

贅沢しなくてもいいからそこそこ楽しみのある人生を送りたい。

 

私でも

知っていることを伝えていけば、

喜んでもらえる人は必ずいる

 

日々そんな事を考えている 淳さんです。

 

 

 

プロフィール

淳さん です

訪問いただき

ありがとうございます

ネットで稼ごうと

何度もチャレンジするも

稼げずに毎回挫折

そんな私を

中古雑誌が救ってくれた

淳さんの詳しいプロフィール

 

淳さんへのお問合せ

せどりランキング

アーカイブ
カテゴリー
メタ情報