仕事が嫌で辛くて辞めたい時に我慢しなくても済む準備をしよう

目安時間 8分

仕事が 嫌 で嫌で辛いと思う人は、
基本的には真面目な人です。

 

何とかその職場の役に立って、評価もされたいという
思いがあるからこそ辛いのだと思います。

 

仕事のことが嫌だという気持ちが続くと
辛いという思いは辞めたいという思いに変わっていきます。

 

決して辞めるためにその会社に入ったわけではないのです。

 

せっかく入れたその会社で頑張るぞという気持ちが
いつの間にか辞めたいに変わってしまうなんて、

我慢にも限界があると思いますが、

嫌になる理由や
辞めたくなった時の心構え、
我慢をしやすくする考え方などについてもお話しします。

 

仕事が嫌で辛いのには理由がある

『仕事が嫌』になる理由は様々です。
その嫌にな理由が、あなたの我慢しづらい面と一致してしまうと
『仕事が辛い』に変わって行きます。

 

一番は人間関係

職場での人間関係にもいろいろありますよね。

 

上司と上手く行かない
同僚のことが我慢できない
なぜあんなのが私の部下に来る ?

 

自分の心が委縮したり、
思い切って行動できなくなるような環境は
それを作ってしまった上司の責任ですが、
どうにもなりません。

 

嫌味を言ってきたりバカにするような同僚も、
変えることは出来ません。

 

言うことを聞かず、社外に出ても何をやってるのか分からない部下も、上司や同僚の協力なしには変えていくことはほぼ不可能です。

 

だから、嫌になる理由の筆頭に上がるのですね。

 

 

給料の割に仕事量が多い

これも日本の会社にはよくあります。

経営者が頭脳派か肉体派か でも変わります。
肉体派の経営者には、汗をかかずにデスクワークしているのは仕事ではないと本気で思っている人もいます。

 

薄利多売の価格競争に巻き込まれた多くの会社では
利潤が出ないために、従業員が微々たる利益のために大量の仕事を強いられがちで、
一生懸命に働いても、微々たる利益からは微々たる給料しか生まれません。

職場環境が悪すぎる

無駄口ばかりの職場
定時で上がりづらい雰囲気の職場
いつも誰かのうわさをしているような社内
空調が自分には絶対に合わない

実機の追及に辟易

会社は利益を得るために設立されたわけで、
その手助けのために従業員として雇われたのですから、
実績 (売り上げ 生産個数 など ) 求められるのは当然ですが、度が過ぎるといやになります。

 

どおってことない職場の日常なのでしょうが、
気になる人には嫌で辛くなります。

仕事が嫌で辞めたい時にもこれだけは知っておこう

仕事が嫌で辛くて、これが続くと『辞めたい』という気持ちが生まれます。

では辞めたらどうなるのでしょうか ?

 

プロフィールにもありますが、
私はいくつもいくつも転職しました。
転職したということは、別の職場に変わったということです。

 

で、どうなったか ?

変わりませんでした(笑)

 

こういうことです。
パワハラ上司に耐えきれなくなって
別の会社に転職します。

 

新しい会社には、話しやすい理解のある上司がいました。
でも拘束時間が長く、ほとんどがサービス残業です。

他の従業員は当たり前の顔して、サービス残業しながら
同僚と楽しそうに話しています。

 

つまり、Aという不満は解消できても
前の職場では考えもしなかった、
Bという問題が出てきた。

 

問題の内容はそれぞれの職場で違うでしょうが、
どこへ行っても、何かしらの不満はありました。

 

精神的に参ってしまっては
元も子もありませんので転職を考えるべきでしょうが、
いいことづくめの職場なんてないですよ ということです。

仕事が嫌なら我慢しなくても済む準備をしよう

仕事が嫌で辛くて辞めたくなっても
そんなには変わらないから
我慢も必要ということが言いたかったのですが、
我慢にも限界がある とも書きました。

 

ではどう考えればいいのでしょう

我慢していることが苦痛でなくなる工夫をしてみてはいかがでしょうか ?

我慢しなくても済むような準備の話です。

 

どこに行っても同じようではあっても、
現実に今のところは嫌でしょうがないわけです。

 

よほどの経歴か実績があれば別ですが、
普通転職すると、給料が下がることの方が多いです。

でも給料が下がるとすぐに生活が苦しくなるのであれば、
その問題もあって、転職に踏み切れず辛さが倍増します。

 

もし、『給料が今より数万円下がっても生活に支障がない』
としたら、考えはどうなりますか ?

 

給料面を考えなければ、転職先はずいぶん増えますね。
選ぶ会社の数が増えます。

 

本業を辞められるほどの収入を目指す副業はありますが、
私はお勧め出来ません。

なぜなら、やはりそれなりに大変な期間を耐える必要があるからです。

 

でも、一月に数万円程度でいいのであれば、
本当にスキマの時間に
何かのセンスが備わってない人でも
早ければ同月にも
ちゃんと利益をもたらす副業はあります。

 

 

その仕事で 自分の自由時間を確保しながら
転職が楽になるような精神状態になれるなら
そういう仕事を始めるといいと思います。

 

そういう仕事とは
大手通販会社に
仕入れ値の十倍以上の値段で
売ってもらう仕事です。

 

なんだか凄くないですか ?

商売で一番大変な
集客と販売を
大手の通販会社にやらせてしまう という、

完全手間いらずの副業です。

 

嫌でたまらない本業という名の仕事があるのですから
副業で、自分の自由時間を奪い過ぎてはいけません。

 

肉体的にも精神的にも負担になるどころか
心を楽にしてくれるような副業があれば、

嫌で辛い仕事でも、希望を抱きながら
我慢しやすくなります。

 

良いところが見つかったら転職すればいいですし、
それまでの我慢の期間は
次への準備期間として出会いを楽しみに過ごせます。

 

素晴らしいことです。

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

淳さん です

訪問いただき

ありがとうございます

ネットで稼ごうと

何度もチャレンジするも

稼げずに毎回挫折

そんな私を

中古雑誌が救ってくれた

淳さんの詳しいプロフィール

 

淳さんへのお問合せ

せどりランキング

アーカイブ
カテゴリー
メタ情報